Helter Skelter

彼女を知ったのは今から23年前(1989年)ラジオ「オールナイトニッポン」(土曜2部)がキッカケだった

当時の愛読書「宝島」(笑)で写真を見た事はあったから、どんな子かは知っていたが初めて聞いた感想は「ギャーギャー喚く、女の子だな」くらいの印象だったかな(笑)
多分、その時間帯は他に面白い番組がなかったんだろう(寝ろよ・笑)


それでも聴き続けたのは、やはり面白かったんだと思う

その頃、地元の県民会館(小ホール)で初めて本人を見た
客なんか20人もいなかったと思う

因みに同日、隣の大ホールではB'zのコンサートが行われてました(泣)
何も知らんもんで暫くボディコン(死語)のお姉さん達と会場入口まで並んでた(笑)


そお言えばアンコールで彼女が着てきたピンク色のライダース…LA ROCKA【WILD CHILD】
数年前グリース主催のイベント「香港夜」にて職人T氏と初対面した際にT氏が着ていた革ジャンが正にそれだった(本人から購入したらしい、現在は別の方が所有してるとの事)なんか感動した(笑)


話を戻そう
ラジオはJ.サンダースが亡くなった年
1991年まで続いた
最終回の放送中「BORN TO LOSE 」が流れた
確か録音したカセットテープがあったと思うんだけどな(^_^;)今度探してみよう


確かこの年?野音を最後に姿を消したんじゃなかったかな

再び彼女を見たのは音楽活動再開した頃の全国ライブハウスツアー?かなんかだったと思う
今は無き古町カミーノ時代のJUNK BOXが会場だった


お客は結構入っていた
でも、年齢層は割と高めだった
ファッション誌なんか出る少し前だったから若いファンはさほどいなかったと思う

お客の大半は…否、自分もそうだが【ZOO】の頃の曲を期待していたのだが
… 昔の曲は一曲もやらなかった

確かに本人にしてみれば新たなスタートなライブな訳だから仕方ないのだが…
アンコールでの彼女の第一声
「アンコールの声が少ないので一曲でやめます」
それを聞いて最後の曲も観ずに会場を出た


そのライブから彼女には興味がなくなった

数年後、誰かが彼女をストリートファッションのカリスマだと言った
 
クソだと思った

schottのライダース着てマーチン履いてた
ボーイッシュな女の子はもう居なかった


大好きな人が大嫌いな人に変わった瞬間だったな

(古本屋にて安値で売られていたので購入した【Helter Skelter】と当時探して購入した【volume】)

その数年後また大好きな人に変わるのだが…
既にその時、彼女の身体は…




長いな(^_^;)


今夜は友人?のお店が閉店するのでお出掛けしないと行けないから機会があればつづきを書こうかな(多分)



つづく
スポンサーサイト

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

 


18の時働いてたショットバーに「音楽と髭」の撮影で来たなぁ…

M男様 

へえ~つうか君こそ幾つなんだい?

 

僕??あなたの4つ下ですよ( ̄▽ ̄)

トラックバック

http://bettyblog13.blog41.fc2.com/tb.php/150-46dc1adf