スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BYE BYE PECO

今日、我が家の愛犬「ペコ♀」が亡くなった

いわゆる「癌」だった

もう両目も見えなくなり立つ事さえできない状態だった

それでも餌を口元までもっていけばガツガツ食べていた

ただ、この数日は痛々しい声で鳴き続けていて辛かった

今朝、両親が藁を敷き新しく寝床を作って寝かせた時には鳴いて返事もしたと言っていた

だが私が見に行った時にはもう死んでいた

息を引き取ったばかりだった

彼女はどの位、生きたのだろう

もう、いつ生まれたかも憶えていない

18年は生きたと思う

人間で言えば88歳のおばあちゃんだ

ウチで飼っていた犬では一番長生きした犬だった
CAPRNROB.jpg

お疲れペコ!そして今までありがとう!

いずれ、また会うさ!

そん時はまた散歩しようぜ!




スポンサーサイト

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

 

ペコちゃん、可愛いですね…
新しい寝床で旅立つ事ができて…
ペコちゃんと飼い主さま共々、とても幸せな18年間を
過ごされてきたんだろうな、と感じました。
いつかは自分よりも早く天国へ旅立つのが分かっていても、
いざその時が来ると辛いものですよね。
家族なのですから…
私も今、不治の病と闘う猫と一緒に暮らしています。
見ているだけでも辛くなる毎日ですが、
ペコちゃんのように、最期まで幸せであって欲しいと願っています。
私事を交え申し訳ありません。
ペコちゃん、どうか安らかに眠ってくださいね…

ねこ様 

痛々しい姿を見るのは辛かったですね
何もしてやれない歯痒さ…
これから度々、事ある事に思い出すんでしょうね
でも勝手な言い方かも知れませんが彼女は幸せだったと思います

ねこ様も飼い猫の側に居てあげるだけで幸せだと思いますよ
猫ちゃんもそれは理解してると思います
コメントありがとうございました

トラックバック

http://bettyblog13.blog41.fc2.com/tb.php/107-3f6e133c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。